ネット保険・ネット生保の更新年齢について調べるネット保険広場

トップ > 失敗しないネット保険選び > ネット保険の更新年齢

ネット保険の更新年齢

2012年7月19日

「満了年齢など、どの保険も同じでしょ?」
と思っていたら、思わぬところに落とし穴が。

ネット保険には、旧来の保険で悪名高い(?)「更新型保険」はありませんが、10年定期に加入している場合、解約の通知をしない限り自動的に「更新」されることになります。正確にいえば「再加入」ということですね。若いときに保険に加入する人は、20年、30年先のことなど、あまり気にしないと思います。考えたとしても、それほどリアルには考えられないでしょう。でも、先のことを考えないと、思わぬ後悔をしてしまいそうな商品がネット保険にはあるようです・・・。

ここがポイント!

  • 注意! ライフネット生命は場合によって満了年齢が64歳に!
ネット保険各社の契約年齢と満了年齢の上限
契約年齢上限 満了年齢上限
ライフネット生命 64歳 70歳※1
ネクスティア生命 69歳 80歳※2
オリックス生命 65歳 80歳※3
メットライフアリコ 65歳 80歳※4

※1 保険期間「10年」、「20年」、「30年」をご選択いただいた方で、保険期間満了日の翌日(更新日)の年齢が64歳以下の場合、特にお申し出をいただかない限り、その時の健康状態にかかわらず、同じ保険金額・保険期間で契約が更新されます。ただし、更新後の保険期間満了日の年齢が70歳を超える場合の保険期間は、70歳の誕生日を迎える月の末日を超えないものとします。

※2 保険期間が10年の場合、最長80歳まで保障を継続(更新・再加入)できます。保険期間が55歳満了、60歳満了、65歳満了、70歳満了の場合、更新・再加入の取扱いはありません。

※3 保険期間満了日を迎えた場合には、保険期間満了日の翌日を更新日として、同一の保険期間、保険金額で更新し保障は継続します。更新後の保険期間満了日の翌日の年齢が80歳をこえる場合には、80歳満了に変更して更新します。

※4 歳満了の契約もしくは更新後の保険期間満了日の翌日における被保険者の年齢が 80歳を超えるときなどには更新されません。
以上、各社の約款等から抜粋しました。

契約年齢は65歳、満了年齢は80歳がネット保険の平均。

契約年齢は65歳まで、満了年齢の上限は80歳、というのがネット保険の平均値といえるでしょうか。その中で、ネクスティア生命は69歳まで契約開始が可能で、4歳とはいえ、ネット保険の中では突出しているといえるでしょう。
逆に、ライフネット生命の年齢制限には、大きな疑問が残ります。他社より10歳も下回る70歳という満了年齢の制限は・・・本気で顧客のことを考えているのでしょうか? 企業では65歳までの再雇用が義務付けられ、年金の支給開始年齢も70歳まで延ばされる検討がされている昨今、「70歳はまだ現役!」と思っている方は多いはず。そんな社会で、70歳という年齢で一切の保障が受けられなくなるというのは、何とも心許ない気がします。

さらに契約年齢の上限にも「落とし穴」があるライフネット生命。

さらにライフネット生命で問題なのは、それだけではないのです。上記表の注意書きを読むと、更新がされるのは「保険期間満了日の翌日(更新日)の年齢が64歳以下の場合」とあります。つまり、55歳で10年定期に加入(45歳、35歳で10年定期を更新しても同じ)してしまった人には更新はなく、70歳どころか、65歳で満了となってしまうのです! いくら保険料が安くても、高齢化社会にあって65歳で打ち切りになってしまう生命保険とは・・・。やはり、ライフネット生命は「若い世代」向けの保険で、高齢者には向き合っていないのでしょうね。

国内大手5社のネット保険を一括見積もり

一括資料請求

ネット保険サービスを提供する5社に一括資料請求(提供:保険市場)リンク先のサイトで簡単を取り寄せられます。

一括資料請求はこちらから

保険会社の特徴

気になるキーワード

ネット保険の更新年齢について徹底的に調査!失敗しないネット保険選びを実現するために客観的な視点から、ネット保険の更新年齢について調べました。更新年齢のメリットとデメリットを正しく理解して、家計にやさしく、安心たっぷりの失敗しない保険選びができるようネット保険の更新年齢と保険選びのコツをまとめました。